スポンサードリンク
Home >> 結婚全般 >> 結婚と支払いのスケジュール
Page: 3/3  << 

結婚と支払いのスケジュール

結婚が決まると、ざっと結納、結婚式、新婚旅行とスケジュールが続きます。そして、その行事ごとにお金がかかります。
結婚の行事を一通り行うと、数百万円のお金がかかります。と、言っても一括で全て数百万円というお金を支払う訳ではありません。
どのタイミングで支払うことになるのか。準備する都合もありますので確認しておきましょう。


■結納準備のための支払い  結婚式の約8カ月〜1年前

結納に必要な物の購入にお金が必要になります。
結納品。婚約指輪。婚約記念品の購入資金がこれに当たります。
総額の平均は約90万円。


■結納の当日  結婚式の約6カ月〜8カ月前

結納の当日には結納金が必要です。
結納品の平均は約84万円。
結納を行う会場費も、この日に必要になります。平均13万円


■会場予約のための支払い  結婚式の約6カ月〜8カ月前

結婚式を行う会場が決まったら、会場予約金を支払うのが普通です。平均15万円。


■結婚式の準備のための支払い  結婚式の約1カ月〜6カ月前

結婚式前に、結婚式で必要な物を購入して準備しておく必要があります。
結婚指輪、引出物、演出で必要になる物など。
合計で平均約60万円。


■結婚式直前  結婚式の約1週間〜1カ月前

結婚式を行うための費用の残りを全額支払います。
会場費や衣装代、飲食代など、結婚式を行う結婚式場・ホテルなどに支払います。
このタイミングが最も大きなお金が必要になります。
平均約300万円


■結婚式当日

基本的な支払いは直前に全て済んでいますので、当日の支払いは、
例えば遠方のゲストの交通費や宿泊費、結婚式の2次会費用など


■結婚式後

結婚式がひと段落したら、結婚報告のハガキを出したり、いただいたお祝いの内祝いなどにお金がかかります。

 

その他、新婚旅行に行く場合や、新居を新しく準備する必要がある場合は、別途支払いが発生します。


 

lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚全般
Home >> 結婚式(挙式・披露宴)費用 >> 結婚式にかかる費用

結婚式にかかる費用

結婚式費用は、大きく分けると、衣装代、挙式費用、披露宴費用、引出物などのギフト代などにお金がかかります。
その他にも、細かく分けると色々なところにお金がかかります。
それらをトータルすると数百万円という金額になる訳です。

その負担は、両家で分けることになりますし、もちろんご祝儀もいただけるでしょうから、全額自腹負担と
なるわけではありませんが、どこにどの程度のお金がかかるのかは知っておいた方が良いでしょう。

逆に、それが分からないと自分の結婚式は、どの部分に力を入れたいかというのが見えてきません。
まず基本を理解しましょう。

衣装代 花嫁衣装 平均38万円
花婿衣装 平均12万円
ヘアメイク代 平均7万8千円
花嫁エステ 平均8万8千円
ネイル 9700円
挙式 結婚指輪 平均19万2千円
挙式料 平均26万円
フラワーシャワー 平均1万4千円
披露宴 料理代 一人平均1万4千円
飲み物代 平均3300円
ウエディングケーキ(生ケーキ) 平均5万8千円
イミテーションケーキ 平均2万4千円
装花代 平均17万5千円
席札・席次表 1部平均600円
招待状 1部平均422円
引出物 一人平均3600円
引菓子 一人平均1200円
プチギフト 一人平均330円
司会 平均6万8千円
ウエルカムボード 平均1万1千円
プロフィールビデオ 平均5万9千円
パンフレット 1部平均422円
音響・照明代 平均12万円
会場使用料 平均21万9千円
席料 総額平均11万円
撮影代 ビデオ撮影 平均12万6千円
スナップ写真 平均21万4千円

結婚式費用の項目毎の詳細な相場はこちら


lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚式(挙式・披露宴)費用
Home >> 結婚前の費用 >> 婚約にかかるお金

婚約にかかるお金

結婚は、婚約の時点から沢山のお金がかかります。
どのようなところに、いくらぐらいお金が必要になるのか、一般的な相場を見てみましょう。


■婚約指輪  平均37万円

「お給料の3カ月分」なんて名言もありますが、一般的な相場はこれくらいのようです。
ダイヤモンドの0.2〜0.4カラットくらいの物を選ぶ人が多いようです。


■婚約記念品  平均27万円

婚約記念品は結婚指輪のお返しに当たるもので、目安は半返しと言われています。
しかし、平均金額を見ると半返しよりは高くなっているようです。

品物は、定番はブランド品の高級腕時計やスーツ、最近では家電なども増えているようです。
中には、高級腕時計やアクセサリーでおそろいの物を購入するというカップルも増えています。

結婚記念品は約8割のカップルが用意しています。


■結納金  平均84万円

■結納会場費  平均13万円

■結納品  平均20万円

結納にかかる費用は大きいため、最近では簡略化したスタイルをとるカップルも増えています。

結納金は男性から女性へ贈るもので、もし男性をお婿さんとして迎える場合は、逆に女性側から結納金を贈ります。

結納金を贈ると、受け取った側は結納返しをするのが一般的で、目安は「半返し」と言われます。
ただし、最近では結納返しを省略して、始めから差し引いた金額で結納金をするパターンも増えています。


結納にかかる費用の相場はこちら

 

lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚前の費用
Home >> 結婚全般 >> 婚約から結婚式、新婚旅行までのトータル費用

婚約から結婚式、新婚旅行までのトータル費用

結婚にはメインの結婚式の他に、前後で色々とお金がかかるものです。
結婚式前だと、結納や婚約指輪など。
結婚式が終わると、新婚旅行など。

それらを含めたトータルで見ると、どれだけお金がかかるものなのでしょうか。


【婚約から新婚旅行までのトータル費用】

200万円未満 6.8%
200万円〜300万円未満 13.6%
300万円〜400万円未満 22.8%
400万円〜500万円未満 22.6%
500万円〜600万円未満 18.9%
600万円〜700万円未満 9.6%
700万円〜800万円未満 3.7%
800万円以上 1.9%

※ゼクシィ調べ

婚約から新婚旅行まで含めた合計額の平均は約436万円。
結婚式(挙式+披露宴)の平均は約338万円ですから、単純に考えると結婚式にプラス約100万円くらいかかるということになります。

結婚式以外にかかる費用としては、結納費用、婚約指輪や結婚指輪、新婚旅行(お土産代含む)など。

結婚式(挙式・披露宴)のトータル費用の相場


結婚費用の個別項目毎の相場

lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚全般
Home >> 結婚式(挙式・披露宴)費用 >> 結婚式(挙式+披露宴)のトータル費用の相場

結婚式(挙式+披露宴)のトータル費用の相場

挙式、披露宴を含めた、いわゆる結婚式は世間一般ではどのくらいの費用がかかるものなのか。
実際に結婚式を挙げたカップルの費用を金額帯別に見てみましょう。


【結婚式(挙式+披露宴)のトータル費用】
100万円未満 3.4%
100万円〜150万円未満 3.2%
150万円〜200万円未満 4.6%
200万円〜250万円未満 10.5%
250万円〜300万円未満 9.7%
300万円〜350万円未満 19.2%
350万円〜400万円未満 14.0%
400万円〜450万円未満 15.1%
450万円〜500万円未満 6.9%
500万円以上 13.4%

※ゼクシィ調べ

トータルの平均は約338万円。
金額帯でみても、300万円台〜400万円台が多いようです。
規模や、やり方の工夫次第で200万円台という感じでしょうか。

結婚式は、主に挙式料、披露宴会場費、飲食代、衣装代、引出物代などがかかりますが、
半数以上の結婚式は、会場が用意している、これらがパッケージとなったプランを選択しています。

結婚費用の個別項目毎の相場
 

lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚式(挙式・披露宴)費用