スポンサードリンク
Home >> 結婚費用の見積り >> 結婚式後にも意外とお金がかかる
Page: 1/1   

結婚式後にも意外とお金がかかる

経験者の話を聞くと、結婚式後にもなんだかんだで意外とお金がかかるというのが分かります。
例えば、お祝いをいただいた方へのお返しや結婚報告、新居の準備など。
新婚旅行に行くならば、旅行費用はもちろんお土産代などもかかりますね。

それらのことを考えて結婚式費用の見積もりは余裕をもって考えたいものです。
ギリギリだと、後で慌てるハメになることも。

また結婚式前後は、なんだかんだ支払いで振込が多く発生する時期でもあります。
そのため、ネット銀行に口座を作っておくと便利です。
振込手数料の安くて節約にもなりますし、パソコンや携帯電話からでも振込ができて手間がかからないというのが魅力です。


ネット銀行はこちら

ジャパンネット銀行

楽天銀行

lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚費用の見積り
Home >> 結婚費用の見積り >> 結婚費用 見積りの考え方

結婚費用 見積りの考え方

結婚式をするためには一般的に数百万円のお金がかかります。

結婚式(挙式・披露宴)費用の相場はこちら

その費用は、基本的に結婚する二人で払うのが一般的。
しかし、結婚式にはご祝儀など、入ってくるお金もありますから、現実的には全額自腹ということにはなりません。
その辺の考え方を整理してみましょう。

まず、結婚式に使えるお金はこうなります。

結婚式に使えるお金 = 二人の貯金 + 入ってくるお金


二人の貯金は、結婚式を計画する段階でお互いにオープンにして話し合うことが大切です。
下手に隠したりすると、新婚生活のスタートからつまずく原因になりますよ。

この段階で、貯金額が結婚式の目標額に足りないと想定される場合は、結婚式までに貯金する努力が必要だと思います。
経験者の声を聞くと、結婚式までに100万円〜200万円貯めたというカップルも多いようです。

その人たちの意見を参考にすると、例えば、結婚式前に同居して、一方の給料を丸々貯金に回したというカップルも。
まだ子供もない段階なら工夫次第ですね。

次に、入ってくるお金です。
基本的にご祝儀ということになります。
ここで計算違いをしたり、結婚式費用のギリギリで計算してしまうと、とんでもないことになりますので余裕をもった見積りが必要です。

「結婚でご祝儀などで入ってくるお金」はこちら


この他に、親の援助というのも現実的には多いです。
ゼクシィのアンケートによると、金額の大小は別にして約7割のカップルが何らかの援助をしてもらっているという結果に。

親からの援助の形態も、ご祝儀として贈られるケースが多いですが、中には借金という形で、後でご祝儀で返済するというパターンもあります。

いずれにしても、結婚が決まった段階で相談しておくべきでしょう。


 

lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚費用の見積り
Home >> 結婚費用の見積り >> 結婚式費用は人数が多い場合と少ない場合、どっちがお得

結婚式費用は人数が多い場合と少ない場合、どっちがお得

結婚式をする場合、結婚式に出席する人数が多ければ多い程当然お金がかかります。
しかし、結婚式をする場合、必ずと言っていいでしょう、ご祝儀を頂けます。
と言うことは、出席人数が多ければ多い程、入ってくるお金も増えるわけです。

トータルで考えれば、もちろん出席人数が多い程費用が発生するわけですが、
入ってくるご祝儀のことを考えた場合、必ずしも出席人数が少ない方が安上がりなのでしょうか?


結婚式の費用は、大まかに分けて固定費と変動費に分かれます。

固定費 + 変動費 = 結婚式の費用


固定費というのは、衣装代や結婚指輪代など、人数の多少にかかわらず必ず発生する費用です。

一方、変動費というのは人数分かかる費用。
例えば飲食代、招待状などの印刷物の費用、引出物代など。

少人数で行う結婚式というのは、全体の結婚式費用に締める固定費の比率が高くなります。
一方、大人数の結婚式は変動費の比率が高くなります。

これらを踏まえて、実際に結婚式を行った方たちの経験談を聞くと、人数がある程度多い方が、自己負担の割合が低く済んだという結果がでています。

結婚式出席人数 結婚式費用の平均 自己負担額の平均
60名〜70名未満 329万円 136万円
70名〜80名未満 373万円 123万円
80名〜90名未満 380万円 122万円
90名〜100名未満 442万円 111万円
100名超 495万円 114万円

※ 《参考》ゼクシィ調べ
 

lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚費用の見積り
Home >> 結婚費用の見積り >> 結婚でご祝儀などで入ってくるお金

結婚でご祝儀などで入ってくるお金

 結婚式の費用を計算する上で、ご祝儀などでいただける、入ってくるお金の計算も欠かせません。
入ってくるお金は基本的にご祝儀ですから、過度な期待の基、計算違いをしてしまうと、結婚式費用全体の見積りに大きな狂いがでることになりますから、慎重に計算する必要があります。


■ご祝儀の相場

・友人や同僚 2万円〜3万円

・上司や目上の人  約5万円

・親族 5万円〜10万円

■職場などからのお祝い

1万円〜10万円

■披露宴に出席できない親族からのお祝い

3万円〜5万円

■披露宴に出席しない知人からのお祝い

1万円〜3万円


入ってくるご祝儀の計算は「人数×ご祝儀」になります。
結婚式に出席する人数は把握することができますので、問題はご祝儀をいくらで計算するかがポイントになります。
ここで狂いが生じると、×(かける)人数分の狂いになりますから、出席人数が多い程狂いの幅も大きくなります。
無難に低めに計算して見積もることをお勧めします。

 

 

lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚費用の見積り