スポンサードリンク
Home >> 結婚前の費用 >> 円高還元セールでブライダルジュエリーを安く手に入れる
Page: 1/1   

円高還元セールでブライダルジュエリーを安く手に入れる

 ニュースを見てれば分かりますが、今円高です。
円高になると輸出の利益が減るので企業にとっては重大な問題ですが、我々消費者にとってはチャンスでもあります。

円高ということは輸入価格は安くなりますから、海外の商品は安く買えます。
その恩恵で「円高還元セール」もけっこうたくさんのお店でやってます。

特にブランド品などは大きな恩恵を受けます。
このチャンスに思い切ってブライダルジュエリーを買ってしまうというのも手だと思います。

べつにケチって値切るわけではなく、同じ商品を今なら安く買えるというだけで、相手への気持ちが変わるわけではありません。

結婚が決まっているあなた!これからプロポーズ予定のあなた!
市場の流れに乗って、チャンスを見逃さないことです。

楽天円高還元セールへ

lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚前の費用
Home >> 結婚前の費用 >> 婚約にかかるお金

婚約にかかるお金

結婚は、婚約の時点から沢山のお金がかかります。
どのようなところに、いくらぐらいお金が必要になるのか、一般的な相場を見てみましょう。


■婚約指輪  平均37万円

「お給料の3カ月分」なんて名言もありますが、一般的な相場はこれくらいのようです。
ダイヤモンドの0.2〜0.4カラットくらいの物を選ぶ人が多いようです。


■婚約記念品  平均27万円

婚約記念品は結婚指輪のお返しに当たるもので、目安は半返しと言われています。
しかし、平均金額を見ると半返しよりは高くなっているようです。

品物は、定番はブランド品の高級腕時計やスーツ、最近では家電なども増えているようです。
中には、高級腕時計やアクセサリーでおそろいの物を購入するというカップルも増えています。

結婚記念品は約8割のカップルが用意しています。


■結納金  平均84万円

■結納会場費  平均13万円

■結納品  平均20万円

結納にかかる費用は大きいため、最近では簡略化したスタイルをとるカップルも増えています。

結納金は男性から女性へ贈るもので、もし男性をお婿さんとして迎える場合は、逆に女性側から結納金を贈ります。

結納金を贈ると、受け取った側は結納返しをするのが一般的で、目安は「半返し」と言われます。
ただし、最近では結納返しを省略して、始めから差し引いた金額で結納金をするパターンも増えています。


結納にかかる費用の相場はこちら

 

lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚前の費用