スポンサードリンク
Home >> 結婚式(挙式・披露宴)費用 >> 結婚式の余興に芸能人を呼んでサプライズ演出
Page: 1/1   

結婚式の余興に芸能人を呼んでサプライズ演出

結婚式を盛り上げたい。
忙しい中、結婚披露宴に出席頂いた方々に喜んで帰ってもらいたい。

みんなに喜んでもらえる楽しいサプライズ演出はなにか?


そんな時は芸能人を呼んでみてはいかがでしょう?


テレビで人気の歌手や芸人さんが来てくれれば、そりゃー盛り上がること間違いなしでしょう。


「でも、結婚式に芸能人を呼ぶなんてことができるの?」


実は以外に簡単に来てくれるんですね。

こちら
■■■エスパー伊東が披露宴余興を盛り上げます!■■■
結婚披露宴余興や二次会、パーティーをエスパー伊東が盛り上げます!






芸能プロダクション「アネット」の芸能人派遣サービスなんですが、高能力芸人のエスパー伊東さんを始め、ミュージシャンではバブルガムブラザースのブラザー・コーンさんなども依頼することができます。

主な派遣芸能人
・クワマンこと桑野信義さん(トランペッター)
・Mr.Color(マジシャン)
・ゴー☆ジャス(お笑い芸人)
・ブラザー・コーン(ミュージシャン)
・エスパー伊東(高能力者)
・松本等しい(ものまね芸人)
・まいける(お笑い芸人)
・南野やじ(お経漫談師)
・へらちょんぺ(お笑い芸人)
・レイパー佐藤(ものまね)
・妃羽理(パフォーマー)
・杉山えいじ(お笑い芸人)
・春一番(お笑い芸人)
・Hiro(マジシャン)
・マナティ(ハイパーピン芸人)
・川上たけし(催眠術師)
・南海子(癒し系マジシャン)
・矢部亮(ジャグラー)
・ハマック柳田(笑魔術)
・アキラボーイ(お笑い芸人)
・菅原勝也(マジシャン)
・KYO-SUKE(マジシャン)
・藤本明義(マジシャン)


気にる費用は、呼ぶ芸能人や場所によっても違ってくるので一概には言えません。
だいたいの相場的には15万円〜100万円程度のようです。

もちろん有名な芸能人ほど人気が高いので高額で、マイナーな方だとそう高額じゃなくても来てくれるので呼びやすいです。
マイナーな方でも芸を持っている方ばかりなので、盛り上がることは間違いないでしょう。

とりあえずサイトから簡単に無料見積りをとることができます。
まずは気軽に見積りを依頼してみましょう。


■■■エスパー伊東が披露宴余興を盛り上げます!■■■
結婚披露宴余興や二次会、パーティーをエスパー伊東が盛り上げます!




ちなみにエスパー伊東さんは、結婚披露宴の営業だけで年間2000万円稼ぐそうです。(テレビで言ってました)
それだけ利用している人が多いということですね。

 

lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚式(挙式・披露宴)費用
Home >> 結婚式(挙式・披露宴)費用 >> 結婚式費用の結婚式場への支払い

結婚式費用の結婚式場への支払い

結婚式をするには、一般的に数百万円の費用がかかります。
そのほとんどが結婚式をする会場への支払いです。
結婚式場への支払いは、どのような手順で行われるのかご紹介します。

一般的にはこのような手順で行われる結婚式場が多いです。

1.会場予約金

会場を予約するために、「この会場に決めた」という段階で予約金を支払います。
相場としては約10万円〜15万円。
最終的に精算する際に、請求金額の合計から差し引かれます。

2.会場費全額の支払い

結婚式の直前となる、約1カ月〜1週間前に、結婚式にかかる費用の残金全額を支払います。
このタイミングで数百万円という、最も大きな金額を支払うことになります。

3.最終的な精算

結婚式後に、最終的にかかった金額の計算が行われ、精算することになります。
基本的に、結婚式直前に全額支払っていますので、微調整ということになります。
例えば、ゲストがコース外のお酒を注文していた場合の追加料金の精算などがこれに当たります。


このように、結婚式の直前に全額前払いするという結婚式場がほとんどです。
しかし、中には結婚式後に、かかった費用を請求書という形で発行し、後日精算するという式場もありますので、予約の際に確認が必要です。


【結婚式費用支払いのポイント】

ポイント1 ご祝儀が入ってくるのは支払の後

結婚式費用の支払いでポイントとなってくるのが、結婚式前に会場へ全額前払いしなければならないということ。
最終的にご祝儀が入ってくることは計算できますが、それはその後のこと。結婚式場への支払いに使用できないということです。
後日精算の式場であればそれも可能ですが、ほとんどの結婚式場は前払いなのであてにはできません。
基本的に、結婚式前に結婚式の費用全額を調達する必要があります。


ポイント2 クレジットカード払いが可能か

結婚式前に全額支払う必要があるなら、クレジットカードで支払うという方法もあります。
クレジットカードなら、銀行口座から引き落としになるのは後日。その間にご祝儀が入ってきますので、引き落とし日までに銀行口座に入金しておけばOKです。

クレジットカード払いのメリットは他にもあります。ポイントが付くということです。
結婚式費用のような大金をクレジットカード決済にすれば、かなりのポイントがもらえます。
そのポイントを、例えば新婚旅行に使うとか、新婚生活のための準備に使うなど利用方法が広がります。

しかし、クレジットカード払いの場合、注意事項が2点あります。

1点目は、その結婚式場がクレジットカード払いに対応しているかどうか。
今は、ほとんどの結婚式場で対応していると思いますが、確認が必要です。

2点目は、クレジットカードの限度額。
結婚式費用の支払いとなると大金ですから、契約しているクレジットカードの限度額を超えてしまう可能性があります。
クレジットカードの限度額を確認し、クレジットカード会社によっては、電話で連絡することによって、
一時的に限度額を引き上げてくれる会社もありますので確認してみてください。
また、1枚のクレジットカードだけでなく、二人でそれぞれにカードを持っていれば、分割して精算できるか確認してみるのも一つの方法だと思います。

結婚の支払いに有利なクレジットカード


ポイント3 親に借りる

結婚式費用を前払いする必要があることから、一時的に親から借金して式場に支払い、後日ご祝儀が入った時点で返済するというカップルもいます。


方法は色々ですが、式場への支払いが前払いが基本である以上、ご祝儀が入るまでの間、時間差がありますので、その点を理解した上で、資金を準備するなり何らかの工夫が必要となるでしょう。

 

 

lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚式(挙式・披露宴)費用
Home >> 結婚式(挙式・披露宴)費用 >> 結婚式にかかる費用

結婚式にかかる費用

結婚式費用は、大きく分けると、衣装代、挙式費用、披露宴費用、引出物などのギフト代などにお金がかかります。
その他にも、細かく分けると色々なところにお金がかかります。
それらをトータルすると数百万円という金額になる訳です。

その負担は、両家で分けることになりますし、もちろんご祝儀もいただけるでしょうから、全額自腹負担と
なるわけではありませんが、どこにどの程度のお金がかかるのかは知っておいた方が良いでしょう。

逆に、それが分からないと自分の結婚式は、どの部分に力を入れたいかというのが見えてきません。
まず基本を理解しましょう。

衣装代 花嫁衣装 平均38万円
花婿衣装 平均12万円
ヘアメイク代 平均7万8千円
花嫁エステ 平均8万8千円
ネイル 9700円
挙式 結婚指輪 平均19万2千円
挙式料 平均26万円
フラワーシャワー 平均1万4千円
披露宴 料理代 一人平均1万4千円
飲み物代 平均3300円
ウエディングケーキ(生ケーキ) 平均5万8千円
イミテーションケーキ 平均2万4千円
装花代 平均17万5千円
席札・席次表 1部平均600円
招待状 1部平均422円
引出物 一人平均3600円
引菓子 一人平均1200円
プチギフト 一人平均330円
司会 平均6万8千円
ウエルカムボード 平均1万1千円
プロフィールビデオ 平均5万9千円
パンフレット 1部平均422円
音響・照明代 平均12万円
会場使用料 平均21万9千円
席料 総額平均11万円
撮影代 ビデオ撮影 平均12万6千円
スナップ写真 平均21万4千円

結婚式費用の項目毎の詳細な相場はこちら


lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚式(挙式・披露宴)費用
Home >> 結婚式(挙式・披露宴)費用 >> 結婚式(挙式+披露宴)のトータル費用の相場

結婚式(挙式+披露宴)のトータル費用の相場

挙式、披露宴を含めた、いわゆる結婚式は世間一般ではどのくらいの費用がかかるものなのか。
実際に結婚式を挙げたカップルの費用を金額帯別に見てみましょう。


【結婚式(挙式+披露宴)のトータル費用】
100万円未満 3.4%
100万円〜150万円未満 3.2%
150万円〜200万円未満 4.6%
200万円〜250万円未満 10.5%
250万円〜300万円未満 9.7%
300万円〜350万円未満 19.2%
350万円〜400万円未満 14.0%
400万円〜450万円未満 15.1%
450万円〜500万円未満 6.9%
500万円以上 13.4%

※ゼクシィ調べ

トータルの平均は約338万円。
金額帯でみても、300万円台〜400万円台が多いようです。
規模や、やり方の工夫次第で200万円台という感じでしょうか。

結婚式は、主に挙式料、披露宴会場費、飲食代、衣装代、引出物代などがかかりますが、
半数以上の結婚式は、会場が用意している、これらがパッケージとなったプランを選択しています。

結婚費用の個別項目毎の相場
 

lagars222 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚式(挙式・披露宴)費用